ストロングハート・プラスは本当に必要?

「ストロングハート・プラスは本当に必要?」のイメージ画像

ストロングハート・プラスがあれば命を奪うフィラリアの危険から愛犬を守れます。しかし、本当に愛犬に投与する必要があるのか?と疑問に感じる飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

たとえば、愛犬が完全室内飼いの場合。散歩に行くこともないので蚊に刺されないだろうと思いますが、実際には家の中にいても蚊には刺されます。高層マンションの上階であっても蚊はエレベーターに乗ったり、風に流されて上がってきますので油断はできません。
市販の虫除けスプレーも販売されていますが、100%蚊を防げるわけではないのでストロングハート・プラスは必要と言えるでしょう。

また、蚊が活発になるのは夏場なので、冬は対策の必要がないように感じます。
確かに冬の寒い気候では蚊は活動できませんが、室内は常に快適な温度と湿度が保たれているため生存できます。
そのため、これまでのフィラリア予防薬は蚊の活動に合わせた5~12月の投与で良いとされていましたが、現在は1年通して投与する「通年予防」が推奨されています。
当然、通年予防になると金銭的な負担は増えるものの、継続して投与していれば毎年のフィラリア検査は必要なくなります。また、ストロングハート・プラスは値段が安いので、毎月使用したとしても金銭的な負担にはなりません。


上へ戻る